Another neighborhood sculpture / 近所にあった彫刻、もう1つ

Another sculpture in my neighborhood / 近所の彫刻、もう1つ

A quick sketch of another sculpture in my neighborhood.
I know it’s not a very interesting sculpture, but there are only a few sculptures and objects around here.

I’m not complaining about the “cultural standard” of my current neighborhood. The solution is plain and simple: I should move out!
So, I sure hope to move into a new neighborhood before too long.

近所にある彫刻のクイック スケッチ、もう1つ。
あまり面白い彫刻ではないのですが、どうもこの界隈は彫刻やオブジェが少ないのですよ~

別に、この地域の「文化水準」に苦情を申し上げているわけじゃ、ないのですよ。解決策は単純明確ですからね。私が、どこかに引っ越せばよいだけのことです。そんなわけで、遠からぬ将来、どこかに引っ越していきたいです。

Just a 30-min sketch of a sculpture
Pencil on paper
彫刻の30分スケッチ
紙に鉛筆

Posted in Uncategorized | Leave a comment

Parka of vermilion / 真紅のパーカ

The original vermilion parka, back / 元のヴァーミリオンのパーカ、背面

While working on new paintings and having drawing exercises of some sculptures, I also paint on clothes, when I get new ones.
Someone gave me this parka of vermilion, whose front side has, as many designed-in-Japan clothes do, some “enigmatic English” printed on it.

Shown here is its back side, which is in solid vermilion, as you see. I think I’ll paint a cross with roses on it, though I definitely have nothing to do with the “Rosenkreuz”. I just like the motif with a Latin cross with roses, like the emblem of Martin Luther.

Please wait for my future posts.

新しい絵画を進め、彫刻のデッサン練習もしながら、新しい衣類が手に入ると衣服ペイントもやっております。
このヴァーミリオンのパーカをある方からいただきました。前面には、日本でデザインした衣類にありがちな「意味不明英語」がプリントしてあります。

ここで示しているのは背面です。全面ヴァーミリオン一色ですね。ここに、クロスとバラというモチーフを描こうと思います。「バラ十字」とかとは、私はまったく何の関係もないのですが。ラテンクロスにバラというモチーフを、単純に好きなのですね。マルティン ルターの紋章も、そうでしたよね。

今後の投稿をお待ちくださいな!

Posted in Uncategorized | Comments Off on Parka of vermilion / 真紅のパーカ

“Shroud” on a pond / 池の上の聖衣

Carved stone sculpture named “Shroud” upon a pond — surrounded by some other sketches / 池の上の「聖衣」という石の彫刻のデッサン ・・ 周囲には、ほかのスケッチ

When you are busy painting on clothes and creating scratches for new paintings, it can be hard to find time for “basic” drawing, something a painter must not ignore.
So, I walked to a neighborhood park, which hosts a large pond.

But what object is there upon a pond, except for some row boats??
Here is one example. The neighborhood pond has a rather unusual sculpture on it. 5 yard high or so, the carved stone is named “Sei-i” in Japanese, which means “sacred clothes, shroud”.

Since this was only a drawing exercise, I drew it on a blanc space in my croquis book. The empty space was surrounded by sketches of, well, a lunch container, fried potatoes, etc. — I was asked to draw these on signboards at a charity restaurant for children in need.
So, the end result of drawing the enigmatic sculpture is this further enigmatic drawing mess!

Just a drawing exercise of a stone sculpture on a pond named “Shroud”
Pencil on croquis book

衣類にペイントしたり自作のスクラッチを描いたりしている間、基本的なデッサンをする時間を見つけるのが大変困難だったりします。でも、絵描きである以上、基本デッサンを無視するわけにはまいりません。
そこで近所の公園にある池にまで歩いていったのでした。

でも、池の上に何があるというのでしょうか??ボート以外に。あるんです、このスケッチに示す通りのものが。
この公園の池にはこの風変わりな彫刻が設置されています。高さ4.5m程度で、「聖衣」という名前でした。

これは単なるデッサン練習だったので、クロッキーブックの空いていた余白に描きました。その余白の周囲には、フライドポテトだのお弁当箱だののスケッチがありますよね。「こども食堂」で看板にそれらを描くよう、依頼されたのですね。
そんなわけで、この風変わりな彫刻のデッサンの結果は、それ以上に風変わりなものになったのでした。

池の上にある「聖衣」という彫刻のデッサン練習
クロッキーブックに鉛筆

 

 

Posted in Uncategorized | Comments Off on “Shroud” on a pond / 池の上の聖衣

“Back to paper” — first scratch / また、紙に描こう ・・ 最初のスクラッチ

First scratch / 最初のスクラッチ
It is scratchy, because it is a scratch! / スクラッチですから、スクラッチ―(荒っぽくザっと描いたもの)です!

Clothes is an interesting “support” (the thing to which paints, pastel pigments, etc. are applied — canvas, paper, wooden board, etc.), since it also functions as a medium to carry a message, for instance “No Nukes”.

So, I’ll keep on painting on clothes in the years to come, while I now resume painting / drawing on paper, canvas, etc. as well.

Here is a first sketch as I take back drawing paper.
Most artists do not show their “first scratches,” which are usually crude, coarse, and rough.
But I’m an exception. I without hesitation show how my concept, thinking, inspiration, etc. develop.

So, here is a first scratch for a new oil pastel painting on paper.
The inspiration came from some young ladies wearing a mask — a very mediocre sight these days worldwide — but their smiles were hiding anxieties and fear. You know what they were afraid of, with the world being as it is today.

That gave me this first scratch, which is coarse and crude. I’ll show you how I develop it in the weeks to come.

First scratch for a new oil pastel painting
Pencil on paper

衣類というのも、面白い「サポート」(絵具やパステルの顔料などを塗り付ける物体のこと。カンヴァスや紙、木の板などなど)ですよね。衣類なら、たとえばNo Nukesといったメッセージを運ぶメディアにもなりますので。

ですから今後も、衣類へのペイントは続けてまいります。ただ、同時に紙やカンヴァスなどなどへの描画も再開します。

で、紙に描くことを再開するにあたっての最初のスクラッチが、こちら。
たいていの絵描きは、こうした荒っぽくて未洗練の「最初のスクラッチ」を公開はしないものです。
でも私は例外で、自分の考えやコンセプト、インスピレーションなどがどう発展していくのかを、ためらいなく人に見せます。

そんなわけで、新たなオイルパステル絵画のための最初のスクラッチをここで公開しますね。
このインスピレーションは、若い女性の皆さんがマスクを着用してらっしゃるシーンから来たものです。現在、世界のどこでもありふれた光景ですよね。でも、彼女らのスマイルの下には、不安や恐れが隠れているのです。何に対する不安なのかは、現在の世界の状況を見れば、言うまでもないですよね。

そういうわけで、この最初のスクラッチが出来ました。もちろん、まだ練り直しが必要な荒っぽいものです。今後何週間か、その発展の様子を紹介してまいります。

新たなオイルパステル絵画のための、最初のスクラッチ
紙に鉛筆

Posted in Uncategorized | Comments Off on “Back to paper” — first scratch / また、紙に描こう ・・ 最初のスクラッチ

The indigo shirt’s back, done, details / インディゴのシャツ、裏面、完成、ディテール

Detail, part of the back / 背面の一部、ディテール

 

Another detailed view / ディテール、もう1つ

So, here are two detailed views of the back.

As you see, the whole picture consists of some geometrical figures — dots forming rectangles, strokes of arcs making up stalks and leaves, “boomerang arcs” representing rose petals, etc. — for consistency with the “given” rectangles on the front.

IF interested, just let me know the motifs, messages, colors, clothes, etc. you want me to paint.
My e-mail address is
hidecius*jcom.zaq.ne.jp  (<– Replace * with @ )
The price is to be negotiated.

完成した背面のディテールです。

ご覧のとおり、何らかの幾何図形だけで構成してあります。
四角形を構成するドット(点)、茎や葉を形成するアーク(弧)、バラの花びらを表すブーメラン型のアーク、などなど。
オモテ側に「初めからあった」四角形を生かすため、幾何学的なデザインにしたわけですね。

衣類へのペイントをご希望の方は、お望みのモチーフやメッセージ、色、衣類などを私までお知らせくださいませ。
hidecius*jcom.zaq.ne.jp  (<–  * を @ に置き換えてくださいませ)
料金は、交渉で!

Posted in Uncategorized | Comments Off on The indigo shirt’s back, done, details / インディゴのシャツ、裏面、完成、ディテール

The indigo shirt, whole back, done — Detail shown next time

Back, done, whole / 背面、完成、全体

So, here is what the whole back looks like when it is done.
I’ll show you a detailed view of it in my next post here.

As you see, the whole picture is made up of some geometrical figures — you’ll see that more clearly in my next post.

こちらが、完成した背面の全体です。
次回の投稿で、ディテールをお見せしますね。

ご覧のとおり、全体が何らかの幾何図形で構成されています。
でもそれは、次回の投稿でもっとハッキリすることでしょう。

Posted in Uncategorized | Comments Off on The indigo shirt, whole back, done — Detail shown next time

The indigo shirt — back, Stage 1 / インディゴのシャツ、背面、ステージ1

Back, Stage 1, detail / 背面、ステージ1、ディテール

So, here the work has proceeded to the back side. Still some more work to do on it.
Please wait for my next post!

こちらは、裏面のペインティングがいくらか進んだところ。もう少しペインティングを進めないと。
次回の投稿をお待ちくださいませ。

Posted in Uncategorized | Comments Off on The indigo shirt — back, Stage 1 / インディゴのシャツ、背面、ステージ1

The indigo shirt, front done / インディゴのシャツ、前面完成

Front, done / 前面、完成

The front side is done — honestly, the front already had some rectangles on it, so I did not have much to do. I just wanted to add some movement to it — with a couple of new squares.

Please wait for the back side!

前面が完成しました ・・ 正直なところ、前面には初めから四角形があるので、あまりやることはありませんでした。少数の四角形を追加することで動きを付け足したい、それだけでした。

裏面の方をお待ちくださいな。

Posted in Uncategorized | Comments Off on The indigo shirt, front done / インディゴのシャツ、前面完成

“Enlivening dull clothes” project, Work IV / 「パッとしない服に元気を」プロジェクト、作品4

.

.

.

.

.

.

.
So, Work 4 of this project is soon to begin.

This time, the “original” clothes is an indigo shirt with a nice front side. The problem is its back is in dull indigo.
I like the rectangles on the front, so I’ll use some rectangles and, some other geometrical shapes.

Please wait for my future posts to see what happens.

このプロジェクトの作品4も、もうすぐ作業開始です。

今回の「元の衣類」は、面白い前面のインディゴのシャツ。
問題は裏面で、単なる暗いインディゴ一色なのですよ。
前面の長方形は好きなので、何らかの長方形とその他の幾何学図形を使うことになりましょう。

どうなっていくかは、今後の記事をお楽しみに!

Posted in Uncategorized | Comments Off on “Enlivening dull clothes” project, Work IV / 「パッとしない服に元気を」プロジェクト、作品4

Daffodil polo, back, done / スイセンのポロ、背面、完成

Now, this polo is done.
Here is the back side.

Why IXΘYC (Ichthus) with the daffodils?
Well, there is a Christian legend saying that some flowers of this
species blossomed around the empty tomb of Jesus after his resurrection. So, daffodils are sometimes used as a symbol of the resurrection.

IF you want me to paint your fav motif / message in the colors of your choice on the clothes of your choice, just e-mail me at
hidecius*jcom.zaq.ne.jp   (<– Replace * with @)
The price is negotiable.

これで、このポロは完成です。
こちらが、その裏面。

スイセンの中央に IXΘYC があるのは、なぜ?
キリスト教の伝説では、キリストの復活の後、空になった墓には
スイセンが咲いていたそうです。そのため、スイセンは復活のシンボルとして使われることがあります。

お好きなモチーフやメッセージを、お好きな色でお好きな衣服に描いてほしい ・・・ そんなご注文があれば、私(ひで)にまでお知らせくださいな!
hidecius*jcom.zaq.ne.jp   (<–  * を @ に変えてくださいませ)
料金は、交渉で!

Back, whole / 背面、全体

 

Back, done, detail / 背面、完成、ディテール

 

 

Posted in Uncategorized | Comments Off on Daffodil polo, back, done / スイセンのポロ、背面、完成