ザポリージャ原発の占領部隊、ムラショフ 原発所長を誘拐

Українські  Новини (キーフに 本拠を置く報道機関 Ukrai … Continue reading

More Galleries | ザポリージャ原発の占領部隊、ムラショフ 原発所長を誘拐 はコメントを受け付けていません

ザポリージャ原発の2号機で火災

2022年10月1日未明 JST の時点で、日本語
メディアではまだ報道を見つけていないのですが、
スペインの英語ニュース メディア EuroWeekly
Newsのウェブサイトによれば、9月29日に
ザポリージャ原発の2号機で火災が発生した
ようです。

Chris King記者
2022年9月30日

Fire breaks out second reactor Ukraine’s Zaporizhzhia nuclear plant (euroweeklynews.com)

いつもどおり、
私による抜粋・日本語化
< >内は私からの補足説明

こんなヘビはもちろん実在しませんが、地雷とは実に危険で厄介な代物です。

こんなヘビはもちろん実在しませんが、地雷とは実に危険で厄介な代物です。


*****************

Fire breaks out in second reactor building of
Ukraine’s Zaporizhzhia nuclear plant
(ザポリージャ原発2号機で火災発生)

ウクライナのザポリージャ原発の第2原子炉を
格納する建物で火災発生、地雷の爆発が
原因か?

火災が発生したのは、今夜 9月29日木曜日の
ことだと報じられている。ザポリージャ原発の2号
原子炉を格納している建物での火災だ。ウクライナ
当局によれば、火災の発生原因は地雷で、周辺を
ロシア軍がミサイル攻撃を行っているため絶えず
振動が起き、そのため地雷が爆発したという。

(元の記事では、ここに情報源となったTweet。
本日本語化では、省略します)

同原発すぐ近くの周辺地域に絶えずミサイル
攻撃があるため、ウクライナ南東部にある同原発
では核災害の懸念が絶えない。この原発は現在
ロシア軍の制圧下にあるが、稼働させているのは
ウクライナの職員たちだ。この火災のため何らかの
<核災害発生の> 危険性があるのか否かに
ついては、発表が今のところない。

マジで、祈っています! 東京の某教会、私のかなり昔のスケッチ

マジで、祈っています!
東京の某教会、私のかなり昔のスケッチ

ラファエル グロッシ事務局長率いるIAEAの
調査団が先日、同原発を視察した。同事務局長は
すでにこの木曜日、ザポリージャ原発周辺で
地雷の爆発が頻発していることについて、
「深い憂慮」 を表している。木曜日早く、IAEAは
今秋ここまでだけでも既に地雷の爆発が5回も
あったと発表している。

(元の記事では、ここに情報源となったTweet。
本日本語化では、省略します)

IAEAの声明によると、今週さらに機器類を運び
入れる準備を進めている。これは、現在の紛争の
ただなかで核の安全性とセキュリティとを高める
ための努力だ。28日水曜日にはスウェーデンから
の輸送物が到着、近日中にはフランスとアメリカ
からの物資も届く予定だと、グロッシ事務局長は
述べている。
**********************
この原発周辺に、まずは非武装地帯が設け
られることを祈っております!
そしてもちろん、ロシア軍が撤退してウクライナに
平和が戻ることを!
さらに今回の侵略を教訓に、世界が核廃絶
(発電も、兵器も) に向かうことを!

Posted in Uncategorized | ザポリージャ原発の2号機で火災 はコメントを受け付けていません

ザポリージャ原発の今後 ・・・

・・・ 実に気になりますよね!

その関連で、The Week (英語圏のニュース週刊誌)
のウェブサイトから記事を紹介しましょう。

Russian referendum: Fate of Zaporizhzhia nuclear power plant uncertain – The Week
The Russian annexation of the plant could stop its
export of electricity to Europe
(ロシアによる(八百長)住民投票の影響:
ザポリージャ原発の運命や、いかに
この原発をロシアが手に入れてしまうと、
ヨーロッパへの電力輸出が止まる恐れも)

八百長住民投票をロシアが強行してしまい、
これがザポリージャ原発にどう影響するのか、
心配です。
それについて、英語圏のニュース週刊誌 The
Week のウェブサイトに関連記事を見つけました。

The Week誌のウェブ デスク
2022年9月28日更新

「心配 ・・・」 私のデッサン練習より(Croquis Cafe 200をベースに)

「心配 ・・・」
私のデッサン練習より(Croquis Cafe 200をベースに)

いつも通り、
私の抜粋・日本語化
< > 内は、私からの補足説明
******************

火曜日 <9月27日>、ウクライナの南部と
東部のロシア制圧下にある地域の役人たちは、
先週実施された住民投票での勝利を公表した。
歴史に前例のないほど圧倒的な多数の票が、
ロシアへの併合に 「イエス」 と答えた、
というのだ。

この投票プロセスを西側は 「詐欺」 と呼んで
いるが、当該地域の併合を狙うロシアの策略
実行を開始する投票だった。<4州の> 合計での
面積は、ウクライナ国土の15%を超える。
その、もうすぐロシア連邦に奪われてしまう
ウクライナ領土の1つがザポリージャ州であり、
ここにはヨーロッパで最大の原発がある。
ロシアの傀儡政権の主張では、ザポリージャ
南部の選挙管理団体の集票では投票者の93.11%
がロシアへの併合を願っているという。

投票結果としてはロシアとの併合ということに
なった今、ザポリージャ原発の今後は不透明だ。
ドゥニプロ川の東岸にあるこの原発は今回の
侵略の開始当時からロシア軍の制圧下にあるが、
今もそれを稼働しているのはウクライナの
作業員たちだ。

同原発では激しい砲撃や爆発が続いているが、
専門家たちは今のうちは災害が発生するとは
見ていない。その理由として、ロシアはこの
原発で発電する電力をロシア国内の電力市場に
使いたいのだ。国防とセキュリティの諜報企業
ジェーンのアナリストたちによれば、ロシアは
この原発をロシアのものとし、ウクライナの
国内発電容量を20%ほど削減するつもりだ。
昨年、ザポリージャ原発が発電した電力は、
ウクライナの総発電量の23%に相当していた。
この州を併合してしまえば、同原発の獲得も
容易になる。

一種のドロボーじゃないか ・・・

一種のドロボーじゃないか ・・・

今年の3月4日以来、この原発はロシア軍の
占領下にあり、すでにロシア政府は自国の
核エンジニアや専門家たちを同原発に連れて
きている。だがウクライナ政府の主張では、
<同じタイプの原子炉だとはいっても> 実際の
システムは異なっており、安全に稼働させるには
訓練を受けたスタッフが必要だ。

先月、ウクライナの原発運営企業エネルゴアトムは、
ザポリージャ原発を占拠中のロシア軍が発電した
電力の送電先をクリミアに変更しようとしていると
警告していた。

だが、その送電先変更のプロセスは容易なものでは
なかった。実行するにはまず同原発をウクライナの
送電グリッドから切り離し、クリミア経由でロシアの
グリッドに接続せねばならない。

「ザポリージャ原発を安全にウクライナのグリッド
から切り離し、さらにクリミアのグリッドに接続する
には、技術的に複雑な非同期化そして再度の同期化を
行い、接続の切断は1回戦ずつ順に行わないと
いけない」 と、ウクライナの送配電事業者である
ウクレネルゴの上級役員であるマリーア ツァトゥリアン
はDW <ドイツの公共放送> に述べている。

この原発を今後どうするのかについては、ロシアは
まだ公式には発表していないが、予想される併合が
行われると、ウクライナにとってはさらに問題が
発生する。ウクライナはヨーロッパ諸国と
<電力供給の> 契約をしており、ルーマニアならびに
スロヴァキア経由でヨーロッパに電力を輸出する
ことになっているのだ。つまり、ウクライナに
とってもEU諸国にとっても、この冬は厳しい
ものとなりそうだ。

逃げろ!

逃げろ!

さらに、産業スパイ行為の危険性もある。
キーフにある独立系シンクタンクのウクライナ
未来学研究所のアンドリアン プロキプは、この
原発奪取により産業スパイ活動や技術盗難が
行われるだろうと考えている。

「ウクライナの発電所では今ではアメリカで
設計しウェスティングハウス社が製造した
核燃料を使用している。ロシアの国営核エネルギー
企業ローザトムの代表者たちもザポリージャ原発に
いたのだが、ウェスティングハウス社の燃料の
技術特性に強い関心を示していた。こうした代表者
たちは同原発の自動制御システムにも関心を示して
いたが、これもアメリカからのものである。
ローザトムが世界でも最大級の各発電開発者の1つで
あることを考えると、ローザトムがこの原発を
掌中に収めた場合には、産業スパイ活動や技術の
盗難があり得ることは充分に考えられる」 と、
プロキプはウィルソン センター <アメリカに
本拠を置く世界的なシンクタンク> で公表されて
いるブログ投稿で述べている。

一方、同原発の安全に関する状況が今も不透明な
ただなか、IAEAの職員たちが介入を始めている。
IAEAのトップであるラファエル グロッシによれば、
彼はウクライナならびにロシアとの交渉を続け、
問題の原発周辺に安全地帯を設けるよう努めるという。

*****************
早く、その非武装地帯がザポリージャ原発周辺に
設けられることを祈っております!

♪ Fallout drops keep falling on my head ---  No thanks!! 私の20分クロッキー

♪ Fallout drops keep falling on my head —
No thanks!!
私の20分クロッキー

新しい 「軍事関連リスク」 ??

上の報道を読んでいて大変心配になったのは、

ロシアがザポリージャ原発を奪取 ⇒ 技術的に
よくわからないまま、送電対象を変更して稼働
⇒ 不適切な稼働によりメルトダウンなどの事故

という事態ですね。むろん、そんな事態にならない
ことを祈っておりますが。

およそ、発電所なんてものは施設ごとの特性が
あって、それに慣れた人たちでないと適切には
動かせないものです。

それを無視したどこかの国が (ロシアに
限りません) 他国に侵略し、そこの原発を
稼働させると ・・・

上の黒いメニューにある
「d-6) 各種の軍事的リスク」 
で、現時点での軍事関連リスクのまとめを
述べますので、そちらもお読みくだされば。
黒いメニュー内の項目は、基本的にアルファベット
順に配列しております。

Posted in Uncategorized | ザポリージャ原発の今後 ・・・ はコメントを受け付けていません

もしザポリージャを戦術核で吹き飛ばしたら、EU含め1千万人以上の人間が被害 ・・・

中村逸郎 名誉教授の警告は極めて現実的なものだと、
私は考えます。
原発が巨大ダーティ ボム化してしまうリスクに
ついては、「やかんをのせたら ~~」では
以前から再三再四、指摘してまいりました。

中村逸郎 名誉教授による警告、今度は
日本語の一般向けWebメディア、
SmartFLASH にも紹介されています。

9月29日 JST (本日)付の記事で、
露軍壊走で窮地のプーチン 小型戦術核で狙う“原子炉爆破”最悪シナリオ (msn.com)
にございます。

Posted in Uncategorized | もしザポリージャを戦術核で吹き飛ばしたら、EU含め1千万人以上の人間が被害 ・・・ はコメントを受け付けていません

プーティンの 「核の脅し」、本気なのか??

大いに気になる問題ですよね。

ここでは、比較的中立的な立場にあるマレーシアの
メディアに掲載されているロイターの分析を
紹介しますね。
同国の日刊紙、The Starのウェブサイトより。

Analysis-Truth or bluff? Why Putin’s nuclear warnings have the West worried | The Star
Guy Faulconbridge記者、Andrew Osborn記者
2022年9月28日

いつも通り、私の抜粋・日本語化
< > 内は、私からの補足説明

Argument II -- Existence / Non-existence
真偽のほどは ・・・?
私の昔の作品

**********************
Analysis-Truth or bluff? Why Putin’s
nuclear warnings have the West
worried
(分析 — 本音か、はったりか?プーティンの
核兵器使用の脅しに、西側が憂慮するのは
なぜ?)

ロンドン発 (ロイター)  – 先日、ウクライナでの
戦闘が続くただなか、ヴラディミール プーティン
大統領はロシアを守るためなら核兵器をも使用
する用意があると警告を発した。この発言を
受け、次の疑問が今まで以上に深刻で緊急の
ものとなっている:「この元KGBスパイ
<であったプーティン> は、ハッタリをかまして
いるのだろうか?」

プーティンはこれはハッタリではないと警告して
おり、 西側諸国の政治家たち、外交官たち、
そして核兵器の専門家たちの見方は分かれて
いる。小型の戦術核を使用するだろうと見る
人たちもいる。その目的は、敗戦の回避、自らの
大統領という地位の死守、西側を退ける、
ウクライナを恐れさせて降伏させる、などが
考えられる。

プーティンのこの警告に続き、ロシアの同盟国
からはさらに具体的にウクライナでの核兵器使用
に関する脅迫がなされた。ことによると、ロシアは
今回の住民投票が行われた4州を部分的にしか
占拠していないのだが、その4州を併合した後に
攻勢を強化する計画なのかもしれない。

Upper part / 部分、上の方
こんなこと、やらかして何になる??
私の昔の作品
ロシア議会は、10月4日にこれらの各州をロシア
の領土として宣言するものとみられている。この
宣言がなされてしまうと、その後はすぐに分かる。
その <新規獲得> 領土が脅威にさらされたと
ロシア政府が見なした場合には、領土防衛の
ため <核兵器の> 使用に踏み切る、という
わけだ。

だが、核兵器という使ってはならない兵器を
使ってしまうならば、他に望みのないことを自ら
行動で示すことになる。そのため、プーティンが
核使用に踏み切るか否かは最終的には、
ウクライナでの戦闘でロシアがどこまで追い詰め
られていると彼が感じているのか、にかかって
いるだろう。ここまでのところ、以前の超大国で
あったロシア連邦は、敗北したというよりも苦杯を
飲まされている。

ぷーティンの焼酎には世界でも最大数の核兵器が
あり、その中には新世代の超音速ミサイルも
含まれ、さらに戦術核の保有数は西側の10倍に
達する。アメリカそしてNATO加盟諸国は
プーティンの発言を真剣に受け止めている。

「ロシアの選択が負け戦を戦い、痛い敗北を
体験しプーティンが失脚する、あるいは何らかの
核兵器のデモンストレーションを行うというもので
あるのなら、私はその核兵器デモをロシアが
しないとは、私には確信が持てない」 と語るのは、
トニー ブレントンだ。ブレントンは英国の前
対ロシア大使で、この8月にロイターに対しそう
語っている。これは、プーティンの核使用発言が
<この9月に> エスカレートする以前のことだ。

一番最近の発言でプーティンは西側に明確な
警告を発しており、ロシア領土を守るためなら
可能な限りあらゆる手段を利用すると述べた。
さらに、西側諸国がロシアへの核攻撃の
可能性を検討しているとして非難した。


“Silenced” (沈黙の強制)
私の昔の作品
「これはハッタリではない。ロシアを核兵器で
脅迫しようとする連中は、風見鶏が向きを
変えてそうした練習のほうに向くことがあるのだ
と知るべきだ」

このような痛々しいレトリックは、歴代の
ソヴィエト連邦指導者たちのニュアンスに
富んだ仕草とは、全く異質なものだ。1962年の
キューバ ミサイル危機で世界は核戦争の一歩手前
まで行ったのだが、それ以来ソヴィエトの指導者たち
は、そうした微妙な仕草を好んでいた。

アメリカの国家安全保障問題担当顧問ジェイク
サリヴァンがこの日曜日 <9月25日> に
アメリカのネットワーク テレビ各局に述べたところ
では、ジョー バイデン政権はプーティンの発言を
「まともに、深刻にとらえて」 おり、ロシアがもし
核兵器を使用するなら 「破局的な結果を招く」 と
警告している。

アメリカ政府は、どのような対応をするのかを
まだ明確にしてはいない。だが核兵器を使用
すればエスカレートしかねないので、大半の
専門家たちはむしろ、ロシアの軍事関連資産に
対する通常兵器での大規模攻撃のほうが実行
される可能性が大きいと見ている。

Just a 20-min croquis, "Very low on the floor" / 単なる20分クロッキー、「床に近い低い視点から」
倒れているのか、寝ているだけか?
私の20分クロッキー
核使用

ウクライナ国内での核攻撃をプーティンが命じた
場合、1945年8月にアメリカが日本の広島と
長崎とに原爆を投下して以来の、戦闘での
核兵器使用となる。

海、空、あるいは陸上から発射する短射程小型
武器は、理論上はウクライナ軍の軍事標的に
対して発射される。ただし、こうしたシナリオでの
その核兵器の有効性は、軍事専門家たちの間でも
議論の話題になっている。

もう1つの選択肢として考えられているのは、
核兵器を人里離れた地域あるいは国会などの
海の上で爆発させるというものだ。それによって、
核兵器を使うぞという背筋も凍る覚悟を示す
のである。

ロシア軍の戦術核兵器からの死の灰は、到達
距離が1㎞程度に限られる。それでも、心理的・
地政学的な影響は世界を震撼させるだろう。

「ぷーティンは、危険なチキン ゲームをやらかし
ている。私が金銭を賭けるのであれば、

プーティンがやけになっていても、
核兵器を使わないに3、
使うほうに2とするだろう。もっとも、これはあまり
良いオッズではない」 と語るのは、リチャード K.
ベッツだ。コロンビア大学で戦争と平和専攻の
教授を務めている。

Another 20-min croquis -- tried to treat the model and surrounding space as a unity / 20分クロッキー。モデルさんと周囲の空間とを、一体として扱おうという試行
“Confusion” will be my epitaph —
私の20分クロッキー
追跡調査

アメリカ政府がロシアの核兵器の動きを凝視
しているという兆候の1つとして、この土曜日の
飛行物体追跡データから、アメリカがRS-135s
Cobra Ball 偵察機を少なくても2機配備して
いることが窺える。ロシア国境周辺での弾道
ミサイルの動向を追跡するための偵察機だ。

ロンドンのキングズ カレッジで戦争研究の名誉
教授を務めるローレンス フリードマンによれば、
今のところは核攻撃の用意をロシアが進めている
証拠は見られない。もしそうした動きがあるのなら、
アメリカは 「ただちに」 発見するはずだ、という。

フリードマンによると、プーティンの核使用という
警告を甘く捉えるのは誤りだが、新たに併合した
地域を守るためにプーティンが核に訴えるという
のはナンセンスだと思えると、この名誉教授は
述べている。

「その程度のわずかな利益のためにタブーと
されてきた核戦争を始めるというのは、実に奇妙だ。
たとえ核兵器を使われても戦いをやめはしないと、
ウクライナは断言しているのだ。それにたとえ
戦争が終結したとしても、<例の4州という>
領土には平和を回復できないことに、プーティンは
気が付くだろう」 とフリードマンは語っている。

この状況で核兵器を使用することが実に非合理な
判断であることを考えれば、この核の脅しを
まじめに受け取るには、プーティンが脅威を
感じており絶望のため感情に任せた行動に出る
という想定をせねばならないと、フリードマンは
付け加えた。

<前述の> コロンビア大学のベッツは、
「プーティンがどのようなプレッシャーを感じて
いるのか、推察できるはずだ。小型核の使用で
状況を逆転させ、西側を恐怖させ、現在の身動き
できない状態から脱出できるかもしれない ・・・
という願望を抱いても不思議ではない」 と
語っている。

Lying, on the back of the seated -- notice the "cuts" correspond to those in the seated / 寝ポーズ … 座りポーズの切り込みと、切込みが対応していることにご注意
バラバラにされてしまう ・・・
私の20分クロッキー
「存続のためのあがき」

ぷーティンによれば、以前には超大国であった
ロシアを破壊しようとする傲慢な西側によって、
ロシアは屈辱を長年嘗めさせられており、
ウクライナでは目下ロシアは存続のために
あがいているそうだ。

「西側の政策は反ロシア的で攻撃的であり、
いろいろな方面で一線を越えている」と、
9月21日に発した警告でプーティンは
語っている。

ロシアによるウクライナ侵略のためすでに何万
もの人命が失われ、世界的なインフレーションが
高まり、西側とロシアの間の対立は冷戦の最悪期
以来の悪化に陥っている。

侵略が始まって7か月になるが、プーティンの
軍はウクライナ軍からの強力な反撃を受けており、
それを訓練し武器を供与しているのは西側諸国だ。
戦場でウクライナが優位に立てば立つほど、
プーティンが核兵器に訴えてしまう可能性は
高まると、ベッツは述べている。


“Dirty Bomb Nightmare”
私の作品
ロシアの核兵器に関する方針では、「ロシア
連邦に対する通常兵器での攻撃があり、
連邦の存続が危機にさらされた場合」 には
ロシアから核攻撃を行うことを認めている。

クレムリンのタカ派勢力によれば、ロシアで
1999年から実権を握ってきたプーティンを
西側は追い落とそうとしているのだ、という。

アメリカのジョー バイデン大統領が3月に
あるコメントで述べたところでは、プーティンは
「権力の座にとどまることはできない」 とされた。
ホワイトハウスの説明では、この発言は世界の
民主主義諸国にウクライナでの戦闘の長期化に
対し準備をするよう求めたもので、ロシア国内での
政権交代を求める意図はないという。

さらにこの5月、プーティンにはこの戦争を
終わらせる方法がないようで、それにどう対処する
かを考えねばならないとバイデンは述べていた。

<同様の核攻撃の脅しに対して> 以前には
ウクライナのヴぉロディミール ゼレンスキー
大統領は無視していたが、この日曜日
<9月25日> にはCBSに対し、今度は
プーティンも本気かもしれないと語っている。

「考えてみてほしい。以前にはハッタリだった
かもしれないが、今度は本気かもしれない」

(編集: Philippa Fletcher)

********************

Tulips / チューリップ
Let peace reign!
私の昔の作品

そうなんですよ、正気を失った独裁者の真意が
どこにあるのか?? まさに刻々と変わりえる
ので、目が離せませんよね。

明らかに言えることとして、独裁者が核兵器を
持ってしまうと、人権も国際秩序も、そして使用して
しまった場合には多数の人命も自然環境も
ぶっ潰されてしまいます。

核兵器、そして本来はそれを製造するための
機械である原子炉は、地球から廃絶して
しまうことが、人類のみならずすべての生命の
ために必要ですよね
(上の黒いメニューで、b-1) – b-3)、d-1) – d-5)
を参照)

Posted in Uncategorized | プーティンの 「核の脅し」、本気なのか?? はコメントを受け付けていません

ロシアのミサイル10発がザポリージャ (市)で爆発

ロイターの報道でyahoo!newsに掲載されている
記事で、2022年9月28日付です。
ここでの 「ザポリージャ」 は文脈から判断して、
おそらくザポリージャ市のことでしょう。
原発は、そこから西南に50kmほど離れて
います。

いつもどおり、
私の日本語化
< > 内は私からの補足説明
(俺たちが見てるぜ)

こういう監視が見つめる中での投票って ・・・
********************************
Ten Russian missiles hit Zaporizhzhia – governor (yahoo.com)
(ロシア軍のミサイル10発がザポリージャを襲ったと知事)

ストーリー: 当局は、死亡者を確認せず

現地に暮らす引退した元通訳・翻訳者の
ヴィクトルは、止むことを知らない攻撃に怒りが
収まらない、と語っている。

「毎夜、プーティンの指揮下にあるロシア連邦の
チンピラどもによる攻撃で、砲撃と爆発が同じ
ように起きている。ザポリージャの産業も市民も、
消し去ろうとしているのだ」 と、74歳のヴィクトルは
述べている。彼が立っていたホテルとレストランの
複合施設は、この時点までの1週間の間に2度
攻撃を受けたと報じられている。

<今年の> 2月24日にウクライナへの侵略を
開始したロシアが実施する住民投票は、この
火曜日 <9月27日>に5日間に及ぶ投票の
最終日を迎えた。部分的にロシア軍に制圧されて
いる4つの州での投票で、ケルソン、ルハンスク、
ドネツク、ザポリージャである。この投票結果により、
4州のロシアへの編入の是非を問うという。

**************

イカレてるわ~~ 私の20分クロッキー

イカレてるわ~~
私の20分クロッキー

ある都市にミサイルを次々と打ち込んでおいて、
「俺の国に編入しないか??」 と住民投票を
するって ・・・ 神経が正常じゃないですよね。
こういうイカれた軍隊・国家だけに、ウクライナに
ある原発に何をしでかすのか、実に心配です!
核兵器そのものはチラつかせるだけで実際には
使用せずとも、通常兵器で原発を巨大ダーティ
ボムにしてしまえば、放射性物質による汚染と
いう点では、戦術核兵器などよりはるかに大量の
放射性物質をバラまいてしまえます! (核弾頭
1個は1回爆発するだけですが、原発には何年分
もの使用済み核燃料などが蓄積されているので、
ダーティ ボムとしての被害は原発のほうが怖いの
ですね。チョルノービや福島第一からの汚染が
どこまで広がり、何年も危険を及ぼしていることを
思い出してくだされば)
しかも、攻撃を仕掛けたほうは、「通常兵器しか
発射してないよ」 と “事実を述べる” ことができます。

まず、そんな事態がウクライナで発生しないことを
祈っております!
そして、そうした事態を将来も防止するためには、
結局は、各発電と核兵器とを廃絶するしか選択は
ありません。

ご賛同くださり、一緒に何か始めようとおっしゃる
方は、私 (ひで) にまでご連絡ください:
yadokari_ermite[at]yahoo.co.jp
まで!

あるいは、そうした個人間のつながりよりも国際的に
知られた反核NPOなどに参加したい方は、
たとえば
アメリカのBeyond Nuclear
About – Beyond Nuclear
(リンク先ページの右下にあるJoin Us をクリック)
などにご協力くださいな

Posted in Uncategorized | ロシアのミサイル10発がザポリージャ (市)で爆発 はコメントを受け付けていません

「ここは、俺の領土」と占拠・主張さえすれば ⇒ 奪回に来たら、核使用だ!

The current Ukraine crisis is a case of obvious evidence that we,
humans, simply have to abolish two kinds of “nukes” — power
generation and weapons.
You see, once a “nuke country” has invaded a neighbor country and
occupied some of the latter’s territory, when the victim’s forces come to
reclaim the occupied land, the aggressor can resort to its nuclear weapons.
In case the victim has a NPP or more, the invader can use the NPP(s)
as “giant dirty bombs” !
This is what we are witnessing at this very moment.

In addition to all the proliferation risks involved in nuclear power,
a NPP itself can be turned into a sort of nuclear weapon.
If we intend to abolish those deadly weapons, we have to
do the same with nuclear power.

I pray neither of the two kinds of “nukes” will ever hit Ukraine,
or anywhere else in the world!

闇の中 ・・・ 昔の私の作品

闇の中 ・・・
昔の私の作品

現在のウクライナ危機は、核兵器と各発電はともに
廃絶するしかない、という真実を明確に示す事態です。
御覧の通り、どこかの核兵器保有国が隣国に侵略して
後者の領土の一部を占拠した場合、被害者の国の軍隊が
取り戻しに来たら、核兵器をちらつかせることが
できてしまいます。
さらに、被害を受けた国が原発を有しているなら、
侵略国はその原発を「巨大ダーティ ボム」にしてしまう
ことが可能です。
まさしく、現在われわれが体験している問題ですよね。

核発電にはproliferation risksが伴いますが、同時に
原発そのものを一種の「核兵器」にしてしまう
ことが可能なのですね。
そうである以上、核兵器の廃絶を願うなら、一緒に
各発電も廃絶してしまわないと。

いずれの「核兵器」も、ウクライナはもとより
世界のどこでも使用されないことを、祈っております!

Posted in Uncategorized | 「ここは、俺の領土」と占拠・主張さえすれば ⇒ 奪回に来たら、核使用だ! はコメントを受け付けていません

「放射線の健康影響」 をあまり取り上げていないワケ

およそ、上の黒いメニューにある add-4) の
「ぐちゃぐちゃの図」をご覧いただければ、
すぐにお分かりいただける問題だと思うのですが・・・

「放射線の健康影響」 という問題系については、
本 「やかんをのせたら~~」 では、まったく
突っ込んでは取り上げておりません。

単純に、
放射線で被ばくすると、各種の悪い影響を受け
健康被害が出ることは世界的に体験・確認済みの
事実なので、それを 「ほぼ誰でも知ってる事実」
として想定しております。

ただ、
「ホルミシス」 や 「閾値の有無」 といった
問題もあって、これらでは生理学や医学は
もとより、遺伝子研究なども必須になります。
疫学も絡みますし、疫学で用いる統計処理は、
一般的な統計とは少し違っていたりします。

なんだ、あれは??

なんだ、それは??

で、
私自身はもともと昔、東京にあったクリエイ
ティブ エージェンシーの Chief Creative
Officer を務めていたころに、エネ庁関連の
仕事で原発広報に関わっていたのですね。
そこで proliferation risks など 「核発電と
核兵器の不可分性」 のことも知ることに
なり、それ以来、1990年頃からずっと
核発電に反対しております。

だから、
「やかんをのせたら~~」 のフォーカスは当然、
各発電の軍事的リスク、ってことになります。

さらに、
私は医学関係の分野は全くシロートでして、
放射線の健康影響に関しては、私などが
あーだこーだ口をはさむのは、おかしい
でしょう。
この種の問題については、上述のような
関連諸分野を学んでこられた医師やナース、
研究者などの皆様にお尋ねください。

すぐに分かるようにしてよ ・・・

すぐに分かるようにしてよ ・・・  私の昔の作品

困ったショート サーキット:
「原発 ⇒ 事故 ⇒ 放射能」 ⇒ 「私の子供に、
何を食べさせたらいいの!?」 と、たとえば
原子炉技術者やエネルギー問題専門家に
尋ねてしまう。

これ、2011年ごろには時々見かけました!
子供の健康管理は、大変重要な問題です。
重要だからこそ、その分野の専門家の意見を
求めるべきですね。

この例からだけでも、
核問題に関連する諸分野の専門家が
連携し、各分野の専門家の見解を述べている
Webページを見つけられるポータルを
作成する必要性が、お判りいただけると
思うのですね。

・ 放射線の健康影響に関心がある方 ⇒ 医師や疫学者
などの見解があるWebサイトなどを見つけられる
・ 電力事情に関心がある方 ⇒ 電力事情に詳しい
方々のWebサイトなどを見つけられる
・ 世界での再生可能エネルギー事情に関心がある方
⇒ 各国や国連機関などの関連Webサイトなどを
見つけられる
・ 各発電と核兵器の不可分性に関心がある方 ⇒
Beyond NuclearなどのWebサイトとか、まあ、
「やかんをのせたら~~」 などを見つけられる

そんなポータルです。

「作ろうよ」 と思う方々は、私 (ひで) にも
お声をおかけくだされば、宇うれしいです!

yadokari_ermite[at]yahoo.co.jp
まで!

Posted in Uncategorized | 「放射線の健康影響」 をあまり取り上げていないワケ はコメントを受け付けていません

ついに日本のTVでも、「巨大ダーティ ボム化リスク」 を明言

「やかんをのせたら~~」では、このリスクを
侵略が始まる前日に指摘しておりました。
上の黒いメニューで、u-1) をクリックなさって
くださいませ。
「ダーティ ボム」 が爆発すると何が出てくるのか
については、if-3) の上から5番目の画像 (漫画)
をご覧ください。

ついに、日本の地上波TVでも、この
「原発の巨大ダーティ ボム化」 リスクを言及する
に至っています。
9月23日放送のMBSテレビ 「よんチャンTV」と
いう番組だそうで、インターネットでもご覧に
なれます。私自身はTVというものを持っていない
ので、ネットで視聴しました。
【専門家の独自解説】追い込まれるプーチン大統領の核攻撃の可能性は『戦術核より原子炉への攻撃』その被害は…「この復讐の方が欧州により大きな打撃」 (msn.com)

筑波大学の中村逸郎 名誉教授のお話で、
タイムスタンプでは 7:59あたり ~から
ご覧くださいませ。

結局、きえちゃったの~~?? 私の点描練習

結局、きえちゃったの~~??
私の点描練習

日本の反原発団体の一部からも、2012年ごろには
この危険性の指摘があったのは覚えています。
私自身も当時から、このリスクを指摘していました
から。

なぜ、いよいよ現実となった今、国内の反核
(発電、兵器を問わず) 団体などから、もっと
声高にこのリスク指摘が聞こえてこないの
でしょうか??
日本の反原発運動は、福島第一メルトダウンから
11年たった今、廃れてしまったのでしょうか??

「いや、私はもうすでに、ソーシャル メディア
とかで、原発の軍事リスクのこと、声を上げて
るぞ!!」 という方々、もしいらっしゃれば、
下記で私 (ひで) にお知らせくださいな!
本 「やかんをのせたら~~」 でも紹介いたし
ます!
yadokari_ermite[at]yahoo.co.jp
Facebookの Painter Francis Heedayの
ページにコメントでお知らせくださっても
歓迎です!

*************
2022年9月26日 追記

上述の。日本語地上波TVでの中村逸郎
名誉教授による 「ロシアによる原発の
核兵器としての悪用」という危険性、さらに
他の回でもお話がありました。

【専門家の独自解説】追い込まれるプーチン大統領の核攻撃の可能性は『戦術核より原子炉への攻撃』その被害は…「この復讐の方が欧州により大きな打撃」(2022年9月23日) – YouTube
タイムスタンプは、8:00あたりからです。

Posted in Uncategorized | ついに日本のTVでも、「巨大ダーティ ボム化リスク」 を明言 はコメントを受け付けていません

Common Dreamsより、南ウクライナ原発でのミサイル攻撃について

反原発団体などの皆さん!

原発が敵軍の基地化されてしまい、
下手には自軍は手を出せない
という 「原発の基地化リスク」 がザポリージャでは
とっくに現実化しており、
今度は
南ウクライナ原発そばにミサイル攻撃 →
原発が巨大ダーティ ボムになってしまうリスク
も、現実化が迫っている
という現実が実際に発生しているのですよ!
ここで 「核発電の軍事リスク」 を社会に訴え
ないと、反原発団体の名が廃るじゃ
ありませんか!
今、多様なメディア・方法で声をあげましょう!
私 (ひで) もたった一人で、このように
声を上げてますよ!

それとも、皆様の一部は、いまだに
「平和利用」 というマインド コントロールから
目が覚めないのでしょうか???

目を覚ましてよ~~

目を覚ましてよ~~

で、本記事では ・・・

アメリカに本拠を置く、progressive community
(進歩派集団) を主な対象にしたニュース発信
非営利団体に、Common Dreams NewsCenterと
いうものがあります。そのウェブサイト
Near Miss at Second Ukraine Plant Intensifies Fears of Nuclear Disaster (commondreams.org)
に、今回の南ウクライナ原発近くへのミサイル
攻撃に関するJessica Corbettという方の
論評があります。

2022年9月20日付のこの論評を、いつもどおり
私の抜粋・日本語化
< > 内は、私からの補足説明
ってことで、紹介しましょう。
************************

「平和利用」のはずが ・・・

「平和利用」のはずが ・・・

Near Miss at Second Ukraine Plant
Intensifies Fears of Nuclear Disaster
(ウクライナの別の原発にミサイルが
ニア ミス、核災害の不安が悪化)

IAEA の事務局長は、「南ウクライナ原発近くでの
爆発があり、ウクライナにあるその他の核施設でも
同様の危険性があることが、あまりにも明確に
実証されてしまった」 と語っている。

ウクライナでのロシア侵略から核災害が発生する
のでは、という憂慮が、月曜日 <9月19日> に
ロシア軍のミサイルがウクライナの原発から
わずか300メートルの地点に命中して以来、
さらに高まっている。しかも、ロシア軍は他の
エネルギー施設も占拠しており、そのセキュリティ
に関する警鐘もかまびすしい。

このミサイルが命中したのは南ウクライナ原発
(SUNPP) のすぐそばで、この原発は6基の
原子炉を要するヨーロッパ最大のザポリージャ
原発 (ZNPP) から西へ260㎞ほどの位置に
ある。こうした施設めがけて砲撃を加えたこと
に対し、ロシアとウクライナ非難合戦を演じて
いるが、以前にチョルノービ原発の大惨事を
体験しているウクライナでまたも核災害が起きる
のでは、との不安が燃え盛っている。

IAEAのラファエル マリアーノ グロッシ
事務局長は月曜日に声明を発表、SUNPP近く
でのミサイル攻撃とZNPPにウクライナの送電
グリッドからの電力を供給していた送電線が
切断された件とについて言及した。

これから何が ・・・ 神のみぞ知りたもう

これから何が ・・・ 神のみぞ知りたもう

 

「ザポリージャ原発の状況は今も予測を許さず、
何が起きるか分からない。先週、原子炉への
電源供給という点ではいくらかの改善が
見られた。だが本日、さらなる悪化の事態が
発生したとの知らせを受けた」 と、同事務局長は
述べている。「ザポリージャ原発は戦闘地域の
中央部にあり、その電源供給の状態は安全・安定
とは言い難い。そのため、核の安全とセキュリティ
の保護区域を同原発周辺に早急に設けることが
必要だ」

「このところ我々はウクライナのザポリージャ原発
での核事故を防止するために必要な緊急な対応に
集中しており、今月初めには同地にIAEAの拠点を
設けた。だが、南ウクライナ原発そばでの本日の
ミサイル爆発から、ウクライナのほかの核施設
でも危険性はあるのだということが、はっきりと
実証されてしまった。」 とグロッシはさらに
語っている。「核の安全やセキュリティを脅かす
いかなる軍事行動も容認できず、即時停止
せねばならない」

<エネルゴアトムによるTweet>

ロシアのテロリスト軍が、南ウクライナ原発へ
攻撃を加えた。原子炉からわずか300mの
地点にミサイルが命中した。
4:29 PM Sep 19. 2022 <現地時刻>

誰もいない~~  私のスケッチ

誰もいない~~ 
私のスケッチ

ウクライナに4か所ある原発を運営する国営
企業エネルゴアトムの発表によれば、ロシア軍は
SUNPPの 「工業地区に対してミサイル攻撃を
実施」 した。負傷したスタッフはおらず、3基の
原子炉はいずれも 「通常モードで稼働中である」
だがこの 「爆発は強烈なもので」 <原発の>
建築物に損傷をもたらし、窓を100枚以上破壊し、
水力発電ユニットを停止させ高圧電力線3本も
遮断されるに至った。

「ロシア軍による核テロリズム行為であり、
全世界にとって脅威である」 とも、
エネルゴアトムは述べている。「次の災害の
発生を食い止めるには、ロシアによるテロを
やめさせねばならない!」

エネルゴアトム者のトップ、ならびにウクライナの
交換も同様の警告を発していると、The New
York Times
は報じている:

「この出来事は、各テロリズムと呼ぶ以外に
呼びようがない」 と、エネルゴアトムのヘッド、
ペトロ コーティンは月曜日にウクライナ国営
テレビで述べている。 彼によれば、その原子炉を
格納している重厚で堅牢なコンクリートの建築物は
航空機の衝突にも耐えられるように設計されては
いるが、先日の夜間のミサイル爆発は強烈で、
もしもっと近くで起きていたら、その格納建築物の
コンクリートでさえ損傷を受けたことであろう。

ウクライナ大統領オフィスで代理ヘッドを務めて
いるキリロ ティモシェンコも、「あと100~200m
そばであの爆発が起きていたら、我々は飛び
起きて全く異なる現実を目にしていたことだろう」
と述べている。

暗闇に光を ~~  kettle 2016  06  05 私の昔の作品

暗闇に光を ~~  kettle 2016 06 05
私の昔の作品

AP通信の報道によれば、ロシア国防省はこの
ミサイル攻撃についてすぐにはコメントしなかった
のだが、ロンドンにあるチャータム ハウス
(Chatham House) というシンクタンクで国際
セキュリティ研究ディレクターを務めるパトリシア
ルイス (Patricia Lewis) によれば、こうした原発
への攻撃から、冬が来る前にロシアが電力を
断とうとしていることが窺えるという。

ルイスがAPに述べたところによれば、「原発を
攻撃の標的にするとは、実に危険で非合法な
行為だ。そんな異常行為の狙いは将軍たちに
しか分からないが、あるパターンの存在は明確だ」

「原発への攻撃をするたびに、原発への電力
供給を遮断しようという狙いが見られる」 と
ルイスは続ける。「ただ、そのやり方が不器用だ。
こうしたミサイルの命中精度を分かっているの
だろうか?」

<Beyond NuclearによるTweet>

南ウクライナ原発からわずかに外れた地点への
ミサイル攻撃を報じるニュースに関し、CNNの
アンカーが 「一体、ロシアは何を考えて
いるんだ?」 と問うている。ただし、
このアンカーは同時に、こうも尋ねるべきだった:
「<原発という> ここまで危険なものを使って、
電気を作っている。我々は、いったい何を
考えているんだ?」
2022年9月20日 5:52AM

たとえ小さな光でも   私のスケッチ

たとえ小さな光でも  
私のスケッチ

SUNPPすぐそばへの攻撃に反応して、月曜日に
Beyond Nuclear <というアメリカはメリーランドに
本拠を置く反核団体> は、「今までは、全世界の
目が原子炉6基のザポリージャ原発に向いていた。
それは、軍事衝突の特に激しい地域に近い位置に
ある。だが稼働可能な原発はウクライナ国内に
4か所あり、合計で原子炉は15基ある。戦闘に
巻き込まれるなら、そのいずれも深刻な危険を
引き起こす」 と述べている。

この <Beyond Nuclear> はアメリカに本部を
置く反核団体で、さらに 「Beyond Nuclearでは、
今年の2月24日にロシア軍がウクライナに
侵略を開始する以前から、こうしたリスクについて
警告を鳴らしてきた」 と主張している。
<「やかんをのせたら~~」 も同様ですね。
たとえば、上の黒いメニューにある g-5), g-6) は
2021年2月に公開したページです>

*********************
「いや、私はもうすでに、ソーシャル メディア
とかで、原発の軍事リスクのこと、声を上げて
るぞ!!」 という方、もしいらっしゃれば、
下記で私 (ひで) にお知らせくださいな!
本 「やかんをのせたら~~」 でも紹介いたし
ます!
yadokari_ermite[at]yahoo.co.jp

視点を変えてみてみれば ・・・ 私のオイルパステル練習より

視点を変えてみてみれば ・・・
私のオイルパステル練習より

なお、最後に言及があったメリーランドの
非営利団体Beyond Nuclearのウェブサイト、
About – Beyond Nuclear
もぜひご覧ください。
Beyond Nuclear is organized exclusively for
charitable, scientific and educational purposes.
Specifically, the organization aims to educate
and activate the public about the connections
between nuclear power and nuclear weapons
and the need to abandon both to safeguard
our future.
(赤文字は、私が強調)

この程度の英語文章は、日本語化する必要は
ないですよね?
反核運動の各種問題系の中でも、核発電の軍事
リスクや新型原子炉のproliferation risksといった
問題系に進むのならば、現実上、英語がある程度
使えることは必須です!
「そこまで英語ができない ~~」 方々は、
・ 反核関連の各種問題系の中でも、ほかの
問題系を選ぶ
または
・ 英語を基礎から学ぶ
のいずれかに努めてください。

で、この赤文字の部分

「やかんをのせたら~~」のフォーカスと同じ
だってこと、明らかですよね。
日本の反核 (兵器であれ発電であれ) 団体の
一部にいまだに見られる 「発電は平和利用」 と
いうマインド コントロールがまだ解けていない
方々は、「やかんをのせたら~~」 のフォーカスを
奇妙で独りよがりなものと思われたかもしれません。
そういう方々は、
・ 歴史的な視野を広げて、原子炉とは本来何の
ための機械だったのか、さらに原子炉関連の歴史
での兵器と発電の不可分性の実例
(上の黒いメニューで a-1) から g-7) 、その他)

・ 地理的な視野を広げて、現在のウクライナ機器や
JCPOA再建交渉の背後にある現状、その他世界の
現実
をご覧ください。
それに、Beyond Nuclearのような世界的に知られた
反核団体の主張もお読みになってください。
ずっと以前から、proliferation risksが大問題として
取り上げられてきたことに、気づくはずです。

Posted in Uncategorized | Common Dreamsより、南ウクライナ原発でのミサイル攻撃について はコメントを受け付けていません