Monthly Archives: December 2015

Waiting — / 待つ人

This is one pastel sketch I’ve been wanting to post here, but with no opportunity to do so — “Waiting”, pastel sketch on paper Not for sale (just a sketch) 以前から投稿したかったパステルスケッチですが、投稿する機会がなかったものです。 “Waiting,” 紙にパステル、スケッチ 非売品(単なるスケッチなので)  

Posted in Uncategorized | Comments Off on Waiting — / 待つ人

画像問題、直りました ・・ そして、平和の祈り (English below)

みなさま、 本ウェブサイトの問題が直りました。画像も普段どおり、投稿できます。 そして下の写真ですが、クリスマスツリーのそばに小さな女の子がいますね。それは、そのとおり。でも、覚えておいてほしいのは、この女の子ムスリム(イスラム教徒)なのです。 この写真からお分かりのように、このムスリムの女の子は、ムスリムだけでなくキリスト教徒とも一緒に、平和に暮らしているのですね。中東の某所です。(この女の子の名前と住所は、公開しません。本人の特定を避けるためですね) さらにこの子は、東京のキリスト教徒何人かとも、平和に生きています … 私自身も含めて。有志がフォスターペアレントのグループを組んで、この女の子を経済的に支援しており、もう何年かになるんです。彼女の養育費や学校の費用を送金するだけでなく、私は自分が作るビーズのアクセサリーも、時折この子に送っております。 今回は、ビーズのリングを送りました。写真で、この子の右手人差し指にありますね。主なモチーフであるライトブルーのハートが、写真では実物より大きく見えますね。 ある方が私を、このフォスターペアレントのグループに誘ってくださったのですが、そのとき私は、故意にムスリムの子供を選んだのです。現在の世界にあって、キリスト教徒の私がムスリムの娘をフォスターすることに、大きな意味があると考えたからですね。無論、彼女のムスリムとしての信仰を尊重してのフォスタリングです。改宗など、一切願っていません。 私がここで何を言いたいのか、もうお分かりと思います。つまり、無数のキリスト教徒は、ムスリムの皆さんと兄弟姉妹として、平和にともに暮らしたいのですね。同じ「アブラハムの神」に仕える兄弟姉妹として。もし、これをお読みのあなたがムスリムでいらっしゃるのなら、ぜひ忘れないでいてほしいのですが、数えきれないほど多数のキリスト教徒は、あなたのムスリムとしての信仰を尊重し、兄弟姉妹として、あなたと平和に生きていきたいと願っております。どうか、ドナルド トランプのような人物が「典型的な」キリスト教徒だとは、思わないでください。また、一部のテロリスト集団が説いている「憎悪の終末論」に騙されないでください。我らの神は、この世界の救いを成し遂げるのに、武器など必要とされないのですから。 マタイ福音書の 6:1-4にならい、特に必要がない限り、こうした「善行」については、私は通常は人前で話しません。しかし現在の世界状況の中では、ここで平和を祈ることにも意味がありましょう。 もちろん、「アトリエ あなすたーしゃ」は私の営利目的のちっちゃなビジネスです。しかし、営利以外の目的でアクセサリーを作る場合もございます。昔の英語では、saying my beads というと、「祈る」という意味になります。文字どおり、私は平和を求めて saying my beads していることも、あるわけですね。  

Posted in Uncategorized | Comments Off on 画像問題、直りました ・・ そして、平和の祈り (English below)

Images are back — and saying my “beads” (日本語は上に)

Dear friends, This website is fixed, and now I can post images as usual. Now, the photo below — A little girl beside a Christmas tree, yes. Yet please note she is a Muslim. This photo implies this Muslim girl … Continue reading

Posted in Uncategorized | Comments Off on Images are back — and saying my “beads” (日本語は上に)

Problem with image upload / 画像アップロードで問題が

Sorry, friends, I’m experiencing a problem with uploading images here. Please wait until the problem is fixed and I make my next post! みなさま、 画像のアップロードで問題が発生しております。問題が解消して、次の投稿ができるまで、しばしお待ちくださいませ。

Posted in Uncategorized | Comments Off on Problem with image upload / 画像アップロードで問題が

I’m back! / 戻りました

I know this sounds really silly, but I was supposed to make my annual payment to my web hosting provider by Dec 21, but so busy with work I was unable to got to a neighborhood ATM! So, this “anastasia” … Continue reading

Posted in Uncategorized | Comments Off on I’m back! / 戻りました

One way to paint a naked body —

Today, I joined another 20-min x 6-pose croquis session, and — no insult intended here — the model today was a very lean person. Her body inspired me a certain direction of painting. A naked body can be seen as … Continue reading

Posted in Uncategorized | Comments Off on One way to paint a naked body —

大変痩せたモデルさん (English above)

また、20分 X 6ポーズのクロッキー会に行ってきました。今日のモデルさんは、大変痩せた方でした ・・・ 悪意や侮辱は、まったくありませんよ!そうではなく、モデルさんのやせた体を見ていて、インスピレーションを受けました。痩せた身体というものは、何らかの犠牲、社会的圧力、虐待などを示唆する場合があります。いえ、そのモデルさんがそうだというわけじゃ、まったくないですよ。でも、そうした方向に描いていけると、彼女の身体を見ていた思ったのです。今日のクロッキーからは、社会意識の強い作品が生まれそうです。 左下のデフォルメのない画像でお分かりのように、モデルさんはとっても健康な方で、優れたモデルさんでした。そしてその細さが、私には社会的圧力に削り取られる身体をインスパイアーしたのです。 そこで、右下のボールペンのクロッキーを描きました。これは、多くの方々にとっては、わけのわからぬものであることは、重々理解しております。単なるアイデアのスケッチですから。いずれ、フルの絵画にしたいと思います。 裸体というものを描くとき、危険にさらされた脆い存在として描くという方向性があります。私は時折、その方向性で裸体を描きます。今回は、この方向性が適切だと思えるのですね。 左: 紙に鉛筆;   右: 紙にボールペン (非売品 — いずれも単なるクロッキーですから)

Posted in Uncategorized | Comments Off on 大変痩せたモデルさん (English above)

With more time —

Following up on my post on croquis below, here is a drawing that took more time. As you see, it is less rigid than the 20-minute croquis below — this one took 40 minutes. In a sense, at least to … Continue reading

Posted in Uncategorized | Comments Off on With more time —

クロッキーの良い点 (English below)

「クロッキー(速写画)会」なんてものが、そもそも、何のためにあるのか? そう、いぶかってらっしゃる方々もいらっしゃるかもしれませんね。「もっと時間をかけて、”きめ細かい” 絵を描いたら、どうなんだ?」 すぐに分かる理由としては、 – モデルさんが同じポーズを続けられる時間は、極めて限られる – だから、絵描きはそのモデルの主な「特徴」を、その短い時間でまず把握しないといけない。姿勢や筋肉の凹凸、醸し出している雰囲気など。 さらに、 下の2枚のクロッキーでお分かりのように、「正確な」デッサンというものはガチガチになってしまう場合があります(左)。対して、5分間という無茶な時間制約が、何らかの「ぼやけた創造性」を作り出すことがあります[右]。 左右とも、ずっと以前に私が描いたもので、同じモデルさんです。 左は20分で、精確ですが極めてガチガチですね。このモデルさんがどんな姿だったのかが分かる ・・・ それだけです。 (まあ、場合によっては、そうしたガチガチさが必要になることもあるのですが。。たとえば、カメラ / 携帯電話が壊れたのだが、何かの精確な画像が必要な場合とか) 右は5分クロッキーで、極めて荒っぽく大ざっぱですが、何らかの想像を見る方に引き起こしますね。描いたアーティスト自身も、そうした想像をもとに、フルの絵画を創作できます。 (画像をクリックすれば、拡大します) (紙に鉛筆、どちらも非売品 — 単なるクロッキーですから)

Posted in Uncategorized | Comments Off on クロッキーの良い点 (English below)

Why quick drawings?? / クロッキーの良い点

Some of you might have been wondering why there are “croquis” sessions at all — why not take a longer time and make “finer” drawings? Obviously, – a human model can remain in the same pose only for a quite … Continue reading

Posted in Uncategorized | Comments Off on Why quick drawings?? / クロッキーの良い点