d-6) (発電原理) 各種の軍事的リスク

2022年9月終わり

核発電の軍事関連リスク各種を、短くまとめ
ましょう。
もっとも、それを (発電原理) のシリーズに
入れるべきか??奇妙なのですが、まあ、
軍事リスクの話が続くシリーズなので、
そのまとめとして。

同じ「たこ焼き」でも、大阪と東京で違う ・・・

同じ「たこ焼き」でも、大阪と東京で違う ・・・

2022年9月終わり現在、ロシアが 「詐欺的な」
住民投票でザポリージャ州を勝手に併合しようと
しており、ザポリージャ原発の今後が実に心配
です。

たとえ同じタイプの原発 (VVER) であっても、
施設ごとに具体的な特性や運用方法が異なります。
そのため、

ロシアがザポリージャ原発を奪取 ⇒ 技術的に
よく分からないまま、送電対象を変更して稼働
⇒ 不適切な稼働によりメルトダウンなどの事故

という危険があるのですね。むろん、そんな
事態にならないことを祈っておりますが。

およそ、発電所なんてものは施設ごとの特性が
あって、それに慣れた人たちでないと適切には
動かせないものです。

それを無視したどこかの国が (ロシアに
限りません) 他国に侵略し、そこの原発を
稼働させると ・・・

「原発ドロボー」の襲来

「原発ドロボー」の襲来

第5の軍事的リスク??

今までに本 「やかんをのせたら~~」 では、
次の4種類の 「軍事リスク」 を訴えてきました:

1) Proliferation risks (核兵器拡散につながる
リスク) ・・・ もともと原子炉とは長崎型原爆用の
Pu 製造装置です。(上の黒いメニューで d-1) –
d-5) 参照。実際に世界で核兵器につながって
しまった実例は、b-1) – b-3) や c-1) – c-7)、
f-1) – f-8) などなどを参照)

2) 敵の軍事基地にされてしまうリスク ・・・ 現在、
ザポリージャで実際に起きていますよね。その他、
ページ g-5), g-6) を参照。これをいったんやられる
と、その原発などの本来の所有国は、その「基地」
を攻撃したくても、下手に手を出せない ・・・

3) 巨大ダーティ ボム化リスク ・・・ 現在、
ザポリージャ原発や南ウクライナ原発が実際に
そうされてしまわないか、世界が心配しています。

4) 言いがかりリスク ・・・ 現在のウクライナ侵略
でも、開始当初にプーティンは 「ウクライナが
原発などの核施設で、核兵器を開発」 という主旨の
言いがかりをつけてましたよね。
2003年に英米がイラクに攻撃を始めた際にも、
核兵器開発という言いがかりがありました。

原発ドロボーたちが、事故を起こしやがった!

原発ドロボーたちが、事故を起こしやがった!

そして、ことによると、次の第5のリスクも
発生するのか??

A国がB国に侵略 ⇒ B国の既存原発などが
ある地域を無断で 「併合」 ⇒ その核施設の
特性をよく理解できないまま、送電方向を
A国に切り替えて発電稼働 ⇒ 操作の誤りなど
⇒ 原発事故

というリスクですね。2022年9月終わり現在、
ウクライナのザポリージャ原発で、このリスクも
現実化してしまう危険性が浮上しております。
現実化しないことを願いますが、その他4種類の
リスクはすべて現実化あるいはそれが危惧されて
いる事実を考えると ・・・

このリスク、なんと名付けましょうか??私自身は
良い名称を思いつかないので、とりあえず
5) 「原発ドロボーが事故起こしやがった」 リスク
という名前にしておきます。

もうちょっと、マシな名前はないの?? 私の、かなり昔の20分クロッキー

もうちょっと、マシな名前はないの??
私の、かなり昔の20分クロッキー

ここで、コスト面なども考えてみて ・・・

上記のリスク 2), 3), 5) は防止するのに武装
防衛隊が必要です。実際、アメリカの原発では
すでにテロ対策で武装ガードが警備にあたって
いますが (ページ g-5) にある 「もう1つの
「ド派手な」攻撃方法」 の a) を参照)、
小銃や小型ミサイル程度では、敵国の正規軍が
原発を占拠しようと攻めてきた場合には、対応
できるはずもありません。
当然、軍用チョッパーも戦車や装甲車も必要に
なります。

すると、その警備コストは膨大なものに。
その巨大な警備費用は、だれが負担するので
しょうか??原発を運営している電力会社など
民間企業がこうした武装警備隊を持つわけには
いかない以上、日本なら自衛隊が原発に張り付く
ことになるでしょう。

訳が分からない試算 ・・・ 私のかなり昔の15分クロッキー

訳が分からない試算 ・・・
私のかなり昔の15分クロッキー

すると、

警備コストは 「国 (税金) 負担」 ・・・ 「発電コスト」
には含まれない計算になってしまいそうです。
そんな 「発電コスト試算」 に、どんな現実的意味が
あるのでしょうか??

現状の世界では、こうした原発の社会的コストは、
巨大化する一方ですね。

建設中の大間原発などを除き、またもう現実上
稼働できない福島県内の原発ものぞいて考えても、
現時点で 「自衛隊による警備」が必要な原発は
10数か所あります。(稼働中でなくても、使用済み
核燃料などはあるのですから)
それだけの原発を重装備で警備するための費用は、
毎年少なくても数百億円には達するでしょう。
軍事費用に詳しい方、もし正確な推定金額を
ご存じなら、
お知らせください!
yadokari_ermite[at]yahoo.co.jp

の 私(ひで) まで!

それを無視した 「発電コスト試算」 を発表し、
「どうだ、原発は安いだろう!」 と訴える
人たちって ・・・・

★ 2022年11月24日追記

あって欲しくないんですけど、どうも
「第6のリスク」があるようです ~~

A国と交戦中のB国が、自分の同盟国Cにある
原発をテロ攻撃 ⇒ そのテロはA国によるものだ
と主張 ⇒ CのBに対する戦争協力を得ようとする

というものです。
A国にとっては 「ふざけんじゃない!!」 なのは
無論、その他Cの周辺国は原発からの放射性物質を
浴びかねないですね。ほんと、人迷惑な!

ウクライナに侵略して苦戦しているロシアが、
ベラルーシの原発へのテロ攻撃を計画していると、
ウクライナの諜報機関は主張しています。

詳しくは、右の 「アーカイブ」で2022年11月を
クリック ⇒ 11月23日の投稿をクリック
で、具体例をご覧いただけます。

この第6は、なんと名付けておきましょうか?
とりあえず、
「他国の原発をぶっ壊しといて、“あいつが
やった”」リスク
にしておきますね。

"Argument V -- Logophobia"
「もうちと、マシなネーミングをしろ!」
私の昔の作品 “Argument V – Logophobia”

Comments are closed.