c-3) 「研究」と言っといて~~ 色仕掛け

c-3) 「研究」と言っといて~~ 色仕掛け

あのときの悪寒

今度は、伝統的にイラクやシリアの”敵”とされてきた
イスラエルが「隠し持っている」と見られる核兵器製造施設の
お話です。
同国が出来たのは1948年のことですが、その前後から核武装を
目論む人たちが暗躍していたそうです。現時点(2020年10月)で
40歳代以上の方々であれば、1991年の湾岸戦争のことを覚えて
らっしゃるでしょう。アメリカが中心となった同盟軍がイラクを攻撃、
イラクが占領していたクウェートから撤退させた戦争でしたね。
そのとき、イラクのサダム フセインがスカッドというミサイルを、
イスラエルめがけて発射させました。アラブ諸国をアメリカとの
同盟軍から寝返らせ、イラクと共にイスラエルを攻撃させようとしたの
でしょうね。スカッドの攻撃を受けたイスラエル軍は、爆撃機を
いったん出発させました ・・・それを聞いて、背筋に悪寒が走った
のは、私だけではなかったはず。なにしろ、イスラエルは核兵器を
保有しているというのが、すでに「公然の秘密」になっていましたから。

ズバリ ”Uranium” という著作

で、Tom Zoellner, “Uranium” (Viking, 2009) という書物が出ており、
おそらく今でもAmazon (USA) から入手できると思います。
本文320ページ程度で一般向けに分かりやすく書かれており、
ウラニウムに関する各種の歴史上の出来事を一通り紹介してくれて
います。英語の書物を読みなれている皆様で、そうした出来事の
入門書をお探しの方にはお勧めです。で、同書の103ページから
113ページの記載を、イラストの下にかいつまんで紹介しますね。

断片を集めると ・・・

断片を集めると ・・・


建国の前後

既にその頃、今のイスラエルのネゲブ砂漠に少量のウラニウム鉱が
見つかっており、それを重水型原子炉(後日、説明します)で
反応させれば、原爆の材料ができる~~ということを、イスラエルの
初代大統領ベン グリオンが耳にしたそうです。かくして、イスラエル版の
マンハッタン プロジェクトが始まります。その施設は、「合成肥料工場」だと
されていました。

「スエズ動乱」直後

そのプロジェクトが本格的に進んだのは、1957年からのこと。
フランスは最初の原爆実験を1960年に実施していますから、
57年には原爆技術も材料もそれ相応に持っていたはずです。
そのフランスからの援助を受けてネゲブ砂漠に地下施設ができ、
「繊維工場」だとされていたそうです。フランスはさらに、ウラン鉱石を
生成したもの、つまりイエローケーキも供給していた模様です。
1956年の「スエズ動乱」(第二次中東戦争)でフランスとエジプトの
関係がこじれ、フランスは中東に友達が欲しかったようですね。

U-2から見ると、「怪しい」

この「地下繊維工場」の周辺では、おかしな地殻の動きが検知されて
いました。CIA は1960年当時、U-2というスパイ偵察機を世界中で
飛ばしていたのですが、それが検知したそうです。しかもその地殻の
動きのパターンが、フランスのプルトニウム工場「マルクール」(Marcoule)
周辺での動きに似ていたのです。(なお、マルクールでは
炭酸ガス冷却の黒鉛炉や、トリチウム(水爆の材料として、
よく使われます)製造用原子炉が稼働していました)

・・・ 見えてくるものがある

・・・ 見えてくるものがある

 

「内部告発ヒーロー」の登場

もう上記だけで、「かなり怪しい」ですよね?しかし、イスラエル政府は
「無理な白を切りとおして」いたのですが、1986年、ついにネゲブ
砂漠の当の施設にいた人物が、内部告発に踏み切りました。
Mordechai Vanunu(モルデカイ ヴァヌーヌ)という技術者でした。
彼はもともと、イスラエルの愛国者でユダヤ教徒だったのですが、
自国の政策に嫌疑を抱くようになり、世界を旅するうちにキリスト教に
改宗しています。(ユダヤ教から見れば、裏切り行為)
そのモルデカイさんがネゲブの施設の盗撮写真を撮り、施設の
詳細情報を英国のSunday Times という新聞社に密告したのです。
同社は、核兵器や発電の専門家たちに、密告内容を確認してもらって
いました。

ハニートラップ

その確認作業の間、Cindy という若い女性がモルデカイさんに近づき、
二人は急速に仲良くなったそうです。デートを重ねるうちに、Cindy は
モルデカイさんをローマ旅行に誘いました。
ローマのアパートに彼が入ると、待ち構えていた2名の男(モサドの
エージェント)につかまり、薬剤を注射され、テルアビブに輸送されて
しまったそうです。Cindy もモサドのエージェントだったのですね。
教科書的な「ハニートラップ」でした。
あわれ、モルデカイさんは国家への裏切り行為で18年間の
投獄に処されました。

Sunday Times のほうは??10月5日号に、Revealed: The
secrets of Israel’s Nuclear Arsenal(暴露: イスラエルの秘密核兵器)と
いうヘッドラインの記事を掲載しました。

惚れた相手の正体は~~

惚れた相手の正体は~~


それでも白を切る

ここまで来たら、核兵器開発を認めそうなものですが、イスラエル政府は
なお、白を切り続けました。それについては、c-4) で。

このモルデカイさんの内部告発に関しては、たとえば英国のBBCが
ドキュメンタリーを放送しており、YouTubeでもご覧になれます。
Nuclear Secrets 4 of 5   Vanunu and the bomb という番組で、
https://www.youtube.com/watch?v=aO9n0gXYkpw
にございます。もちろん、英語です。日本語字幕など、ありません。
日本の反核団体などがBBCと交渉して、日本語字幕を付けたものを
YouTubeなどにアップロードしてみては、と思うのですけどね。

Comments are closed.