「歴史的に明らか」なのですが~~

* So, from this onwards, until I remodel this whole website,
I’ll occasionally post some things about the “inseparability
between nuclear weapons and nuclear power (reactors)”,
in Japanese.
Needless to say, my intention is to bring together the
“anti-weapon camp” and the “anti-power camp” of Japan.

* そんなわけで、今日から始めて、私がこのサイト全体を
改装する日まで、「核発電(特に原子炉)と核兵器の
不可分性」について、時折ここに日本語の記事をアップロードする
ことにします。
狙いはもちろん、日本の「反核兵器」運動と「反原発」運動の
相互協力や合流などを求めていくことにあります。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

歴史的には、つまり今までの事実を見る限りは、
「核発電(特に原子炉)と核兵器の不可分性」って、
明らかなのですね。

具体的な過去の事例を取り上げましょう。

「世界で最初に臨界(核分裂が維持される)に達した
原子炉って、どこのなんという原子炉だったのか?」

日本語のWikipediaを見るだけでも分かるように、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AB%E3%82%B4%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%AB1%E5%8F%B7
Chicago Pile – 1 という原子炉でした。アメリカのシカゴ大学にあったもので、
初臨界は1942年12月のことでした。

このChicago Pile – 1 は翌年、マンハッタン計画に組み込まれ、
ワシントン州のHanford Site にChicago Pile – 1 を大型化した
「B原子炉」が建設されました。

Chicago Pile – 1 も{B原子炉」も、発電設備を伴っておりません。
発電目的では、なかったのです。
では、何のための原子炉だったのか??
Pu 239 (プルトニウム 239)製造が、目的だったのです。
では、「B原子炉」で出来た Pu 239を、何に使ったのか?
Fat Man の核分裂材料となり、長崎で数えきれない人々を
焼き殺したのでした。

「原子炉」の起源とは、そもそも上記のようなものだったのです。

ところが。2011年頃の反原発集会などで、Chicago Pile – 1 という
名前すらご存じない方々と出くわし、驚いたことがありました。
別に、そうした方々のことをバカにしてるんじゃ、ありませんよ!

上記のような過去の事実を見る限り、(少なくても今までの原子炉による)
核発電を「平和利用」と呼ぶのは ”まやかし” に過ぎないのですが、
少なくても日本では「平和利用というまやかし」がまかり通っていたのですね。
そのため、「反核兵器」陣営と「反核発電」陣営の分離が生じ、
この分離が2011年になっても作用していた、と見るべきでしょう。

そう見ているのは、何も私だけじゃありません。
たとえば、勉誠出版の「終わらないイラク戦争」(2013年3月20日)に
収録されている、森瀧春子さんという方の「核開発がもたらしたもの
― 核と人類は共存できない」という文章のP178を見ますと、
「1956年頃から、米国とそれに追随推した日本の政府・大資本により喧伝された
「原子力の平和利用」の夢、・・・ 「軍事利用」と「平和利用」は別ものだとする
レトリックに、平和運動も含めて、おおむね絡めとられてきた ・・・」
とあります。

おそらく森瀧さんも、『「軍事利用」と「平和利用」は別ものだ』という
まやかしが、平和運動などの現場でもまかり通っている現実に、
かなり悩まされたんじゃないかと想像しています。

ついでながら、2019年2月の経団連の中西会長による
「原発と原子力爆弾が頭の中で結びついている人に『違う』ということは難しい」
という発言も、では上述のような歴史上の事実をどう理解すれば良いのか、
説明を加えるべきでしたね。(そんな説明ができるので、あれば)

もっと言えば、この「頭の中での結び付き」をとことん否定したいのであれば、
中西さんの会社で、従来の原子炉を使わない新型の ”原子力発電技術” を
開発してから、上記の発言をなさるべきでした! (そんな開発ができるので、
あれば)

Posted in Uncategorized | Comments Off on 「歴史的に明らか」なのですが~~

新しい反核ウェブサイトは、日本語です / The coming new anti-nuke website is in Japanese

Dear friends,

Just below, I said I am currently preparing (learning and researches) for
a new anti-nuke website, which I plan to launch in several months.

This coming new website is in Japanese, not bilingual in English and Japanese.
Why??

Because there has been a strange division inside the anti-nuke movements and organizations in Japan. I’m not alone in pointing out this unwanted division.
Some other activists, authors, critics, etc. have also pointed that out.

What division?? Separation into an “anti-nuclear-power” camp and an
“anti-nuclear-weapon” camp.
In North America, for instance, it is easy to find organizations opposed to both.
Over here in Japan, many anti-nuclear-power groups chant “No to nuke power”,
but often do not shout out “No to nuclear weapons.” And vice versa.

This strange division is quite illogical to me — the historical reality shows us
that the “power and weapons” have been distinguishable from each other but never separable.

So, I intend to set the planned new website’s focus on this “inseparability”.
Since this is a focus chosen against the Japanese situation, the new website is to be
in Japanese.

I’d appreciate your understanding of this.

みなさま、

すぐ下の記事で私は、新しい反核ウェブサイトの準備(学びと調査)を、現在進めていると
申しました。数か月後のオープンになる予定です。

その新しいウェブサイトは、英日のバイリンガルではなく日本語だけになります。
なぜか??

それは、日本での反核運動には伝統的に、奇妙な分離が見られるからです。
この不必要な分離について問題指摘をしているのは、私一人ではありません。
活動家や著者、批評家などで、この問題を指摘してらっしゃる方々もいらっしゃいます。

どういう分離なのでしょう?一言でいえば、「反原発」陣営と「反核兵器」陣営とに
分離しちゃっているんですね。
たとえば北米であれば、両方に反対している団体を見つけるのは容易です。
ところが日本となると、「反原発」を叫ぶ団体はあまり「反核兵器」を主張していなかったりします。
その逆もしかり。

この奇妙な分離は、私には事実に対応していない動きに見えます。
歴史上の事実として、「核発電と核兵器」とは区別こそできても、決して相互から
切り離すことはできない存在でした。

そこで私は、準備中の新しいウェブサイトのフォーカスを、この「不可分性」に合わせる
ことにしました。したがって、新ウェブサイトは日本語となります。日本社会に特有の
現象を問題にしているからですね。

皆様のご理解をお願いいたします。

Posted in Uncategorized | Comments Off on 新しい反核ウェブサイトは、日本語です / The coming new anti-nuke website is in Japanese

あと数か月で、ビーズは廃業します / Shutting down my beading business — in several months

みなさま、
このたび、このビーズ アクセサリーのビジネスをあと数か月で廃業することにしました。

理由は、次の2つです:
1) できるだけ絵画に専念したい
・ 私の絵画ウェブサイトは、
http://ermite.just-size.net/test/
にございます。そちらにできるだけ専念したいのですね。
2) 反核ウェブサイトを新たに立ち上げたい
2011年3月に始まった福島第一のメルトダウンから
9年以上が経ちましたが、私がその頃に心配していたとおり、
・ 被害者の方々は今も辛酸をなめてらっしゃるにもかかわらず、
・ 社会全般からは核発電問題が忘れられてしまっている
という現状になってしまっています。
そこで、「核発電と核兵器の不可分性」にフォーカスした、
新たな反核ウェブサイトをここに始めたく願っております。
その準備となる調査などに、数か月かかると思います。

一見すると、上の 1) と 2) は矛盾する (  1) に専念するのなら、
そもそも 2) を始めるのはなぜか?)ように見受けられるかも。
でも、2) はビジネスではなく、あくまで一市民の voluntary な
情報発信として始めたいのですね。

このビーズ アクセサリーのビジネスは、本ウェブサイトを廃止した時点で、
終了といたしますね。

なにとぞ、ご了解願います。

Heeday Francis(ひで フランシス)

Dear customers,
I have decided to shut down this beaded accessory business in several months.

The reasons are twofold:

1) I hope to dedicate more work and time to my painting business.
– My painting website is at
http://ermite.just-size.net/test/
I hope to dedicate more time and effort to it.

2) I intend to launch a new anti-nuke website (Japanese language).
More than 9 years have passed since the Fukushima Daiichi meltdown
began in March 2011. As I feared back then, today
– while those affected are still suffering,
– the society in general seems to have forgotten about the disaster.
So, in several months, I hope to launch a new anti-nuke website
focused on the “inseparability between nuclear power and weapons”.
I guess I need several months for learning and researches before
kicking off the new website.

At first sight, the above two might seem to contradict each other
— if I wanna concentrate on 1), why start 2) ??
2) is not meant to be a “business”. Rather, it is a citizen’s
voluntary voice.

When this beaded accessory website is shut down,
my beading business is over.

I’d appreciate your understanding.

Heeday Francis

Posted in Uncategorized | Comments Off on あと数か月で、ビーズは廃業します / Shutting down my beading business — in several months

ラリエット ・・ 背丈のある人向け / Lariat for taller people

116cmのラリエット / lariat, 45.7" in length

116cmのラリエット / lariat, 45.7″ in length

 

177cmの男性が着用した場合 / as worn by a male, 70" in height

177cmの男性が着用した場合 / as worn by a male, 70″ in height

.

.

.

.

.

.

.

.「ラリエット」て?
本来は「投げ縄」ということで、アクセサリーでは
「留め金のない、長い1本の”ひも”」を指します。
首の周囲にまいて、ロング ネックレスのように使います。

ラリエットの長さ
日本でラリエットというと、全長90㎝前後のものが多いです。
これはおそらく、日本の女性の平均身長、155cm — 160cmを想定
したものでしょう。
つまり、
身長が165cmを超えるような長身の女性や
多くの男性には、
短すぎて使いにくい、ってことになりますね。

そもそもラリエットは基本的には、上半身の前面にまっすぐ長く垂らして、
立ち姿を美しくするものですから、短すぎるのは問題です。

オーダーメイドなら、お客様の身長に合わせたご希望の長さで作成できます。
お値段は?天然石をどの程度使うのかなどによって大きく変わりますので、
はじめにご予算をお知らせくださいませ。

ここに示した実例は全長が116㎝、サンプルなので天然石は使用しておりません。

What is a “lariat”??
You know what a “lariat” meant in old Western movies.
In the accessory world, it refers to a long “string” without a clasp.
Often, the user wears it around her/his neck, like a long necklace.

Lariats’ lengths in Japan
Here in Japan, an average lariat is some 90cm (35.4″) in length.
This is probably set to the average height of Japan’s women (155 to 160cm/
61″ to 63″).
In other words, an average “Japanese length” lariat is too short for
– ladies taller than, say, 165cm (65″)
– many men.

Basically, a lariat, hung straight down your front upper half,
is meant to make your standing posture more graceful.
So, a lariat too short for you does not make much sense.

In case you need a custom-made lariat, made to the length
you want, just contact me, Heeday.
The price? Please let me know your budget in the beginning.
An accessory’s price differs wildly, depending on how many of what
semi-precious stones you want in it!

The one shown here is 116cm (45.7″) in length, and contains no
semi-precious stone because it is just a sample.

Posted in Uncategorized | Comments Off on ラリエット ・・ 背丈のある人向け / Lariat for taller people

No sense in visiting my “LinkedIn” page — / LinkedInの私のページをご覧になっても、意味はないです

みなさま、

私 Heeday Francis のLinkedIn のページがあるにはあるのですが、
ご覧になっても意味はございません!

どういうことか?
本来、私は LinkedIn というSNSサービスの存在すら知らず、
当然登録もしていなかったのですが、2012年頃、知らない間に誰かが
私の名によるページを作ったものなのです!
私は、パスワードも知らないので、消すにも消せません。

そんなわけで、LinkeIn のHeeday Francis のページをご覧になっても
意味はありません。ご注意くださいませ。

私は現在、絵画に活動の主軸を移していますので、
現在の活動の様子を見るには、私の絵画サイト
http://ermite.just-size.net/test/
をご覧くださいませ。

To whom it may concern,

The SNS named LinkedIn does have a page carrying my name, Heeday Francis,
but I tell you visiting it does not make any sense.

What do I mean??
Before, I did not even know of this network called LinkedIn. Naturally, I did not sign up
to it.
Then, around 2012, someone made a page there under my name, Heeday Francis.
before I knew it.
Thus, I don’t even know the password — I am unable to erase the page!

So, visiting the Heeday Francis page of LinkedIn does not make any sense.
Please note.

Now I’m basically a painter, so to find out what I’m up to,
please visit my painting website at
http://ermite.just-size.net/test/

Posted in Uncategorized | Comments Off on No sense in visiting my “LinkedIn” page — / LinkedInの私のページをご覧になっても、意味はないです

自分のグリーンのクロス、修理 / Remade my own green cross

自分用のグリーンのクロス、作り直したもの My own green cross, remade

自分用のグリーンのクロス、作り直したもの
My own green cross, remade

自分用のグリーンのクロスが、壊れてしまいました。
アームをまっすぐに保つために、安全な細い金属の針を入れてあったのですが、
金属ですから錆びて折れたりするんです。
それが発生したので、作り直しました。

作り直した結果を紹介しますね。

My own green cross broke — I inserted a couple of safe needles to keep the
arms straight, but the needles, made of metal, decay and can break.
Mine broke, so I had to remake the whole cross.

Here is the result.

チェーンにつけたところ / Attached to a chain

チェーンにつけたところ / Attached to a chain

クロースアップ / Close-up

クロースアップ / Close-up

 

 

 

 

 

 

Posted in Uncategorized | Comments Off on 自分のグリーンのクロス、修理 / Remade my own green cross

It’s an Easter egg! / あれでもイースターエッグでした!

The beaded "egg" as a pendant / ペンダントとしての、ビーズのイースターエッグ

The beaded “egg” as a pendant / ペンダントとしての、ビーズのイースターエッグ

 

The basket and the egg / バスケットから取り出したエッグ

The basket and the egg / バスケットから取り出したエッグ

***************

Χριστoς ἀνέστη!
Ἀληθῶς ἀνέστη!

So, what’s that “beaded thing” shown just below on April 19??
Simple — it’s an Easter egg.

I wanted to join the Easter service at a neighborhood church, and they
asked participants to bring an Easter egg with them —
so, I prepared this “li’l Easter egg pendant.”
Then, made as a pendant top, this “egg” is too small to be an Easter
present — at least, so I thought.
So, I made the “basket” for the egg too.

Want me to make a beaded accessory for you?
Just click “To order or inquire” on the black menu above,
and contact me, Heeday.

Posted in Uncategorized | Comments Off on It’s an Easter egg! / あれでもイースターエッグでした!

What are these?? / なんだ、これは?

(  ? o?) >

( ? o?) >

 

(?_ ?  )

(?_ ? )

What are these, anyway??

Please wait for my next post!

何なんだ、これは??

次回の投稿をお待ちくださいな!

Posted in Uncategorized | Comments Off on What are these?? / なんだ、これは?

My own rosary / 自分用の、新しいロザリオ

My new rosary / 自分用の、新しいロザリオ

My new rosary / 自分用の、新しいロザリオ

 

Scanned image / スキャナーで

Scanned image / スキャナーで

The first post in almost 5 months —
As I said before, I have shifted my focus over to paintings.
(http://ermite.just-size.net/test/)

Now, my older rosary broke, so I made a new one for myself.

Want me to make some beaded things for you?
Just click “To order or inquire” on the black menu above, and
contact me, Heeday!

およそ 5か月ぶりの投稿になりますね。
以前に申しあげたように、焦点を絵画に移しましたので。
http://ermite.just-size.net/test/

で、私の自分用のロザリオが壊れたので、新しいのを作りました。

何か「~~というものを、作ってほしい」というご注文が
ございましたら、上の黒いメニューで「お問い合わせ・ご注文は」を
クリックして、私(わしお ひでき)まで、ご連絡くださいませ!

Posted in Uncategorized | Comments Off on My own rosary / 自分用の、新しいロザリオ

私が電話に出られない場合、メッセージをお願いしますね / Please leave a message when I cannot take your call!

みなさま、

私が電話に出られない時には、「ピー」のあとで留守録メッセージをお願いいたしますね。
お名前とお電話番号をお忘れなく!
あとで、私が折り返し電話いたしますので。

Dear customers,

When I cannot take your call, please leave a message after a “beep”,
with your name and phone number in it.
I will call you back later!

 

Posted in Uncategorized | Comments Off on 私が電話に出られない場合、メッセージをお願いしますね / Please leave a message when I cannot take your call!